レンタルできる種類

昔のテレビ

その需要として一人暮らしを中心とした短期の居住者に主に利用されているのがレンタル家電サービスで、学生の一人暮らしや単身赴任、短期出張者などが具体的なボリュームゾーンとなります。
しかし最近では収納場所に気を使う人や、家にあまり荷物を置いておきたくないという人の利用も増加しており、トレンドとなっています。
例えば収納場所が少ないワンルーム居住者などにも積極的に活用されるケースが増えています。
季節ものの電化製品などはオフシーズンには使わなくなるため、非常に邪魔になることが少なくありません。
コタツや電気ストーブ、ファンヒーターなどは買うのではなく、これらのサービスを利用して借りる人が目立ってきています。
夏場も扇風機や冷風機を借りる人が増えており、レンタル家電の新たな活用法として注目される現在のトレンドです。

かつてはレンタル家電事業はその事業者が全て自前で電化製品を揃えた上で貸し出しを行う事業展開が当たり前でした。
しかし近年は提携事業者を複数抱えるレンタルサービスが増加しています。
この事業における提携事業者が増えている理由としては複数あります。
まず1つ目に電化製品を一社が全て準備するのは費用やリスクが大きいという点です。
現在では電化製品も多数の種類が存在し、ニーズが分散化しています。
このため全てを一社で準備すると経費が高騰し、また経営上のリスクも大きくなるため、複数事業者と提携して供給先を確保しています。
また充実したサービスを供給する上で、提携が欠かせないという面もあります。
例えば家電の修理業者と提携している会社が多いですが、これは故障時のスムーズな入れ替えのためにも重要となります。
このような理由から、現在の家電レンタルサービスは総合レンタル業を中心に複数の事業者が提携してサービスを提供しています。